格安中華ノートPC「BMAX」の実力とは

パソコン

こんにちは!ハジメです!

今回は購入レビューです

外での作業用にモバイルノートを探していたところ

Amazonで素敵なモバイルノートを発見したので、紹介したいと思います

今回購入したのは

BMAXというPC

製品名もメーカー名もBMAX

わかりやすい

購入したものはBMAX Y11というものみたいですね

え?聞いたことない?

安心してください

僕もありません…

じゃあなにが素敵なのかって?

そりゃもう、価格と性能ですよ!

要はコスパですよコスパ!

え?ロゴがダサい?

気にしない気にしない

スタバでMacBookを広げたい願望がある人には向きませんが

そもそも僕はスタバ行かないので大丈夫

ThinkPad E595

iPhone12mini

とのサイズ比較です

基本スペック

では基本的なスペックを紹介したいと思います

メーカー名BMAX
重量1kg
製品サイズ27.5 x 18.7 x 1.3 cm
ディスプレイサイズ11.6 フィート
解像度1920×1080 FHD
CPUインテル Celeron N4120
CPU速度2.6 GHz
プロセッサ数
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
ワイヤレスタイプ802.11ac
OSWindows 10 Pro
バッテリー寿命5年

ざっとですがこんなところでしょうか

基本的な用途としてはブログを書いたり、ライティング等をするだけです

もうね、十分ですコレで

お値段!

一番重要

これを読んでいる人も、さっさと教えろよって思ったかもしれません

はい、すいません

ズバリ!

税込み 39,990円

安い…安すぎる…

国内メーカーで同様のスペックのものを購入するとしたら

おそらく倍はかかるんじゃないかと思います

もちろんスペックだけならこの価格に迫るものもあるかもしれません

しかし11インチというサイズで探すとなるとなかなか見つからないんですよね

パソコンって小さくなるにつれて値段が上がっていくんです(多分)

BMAXのすごい所

安いのに多機能!

それがBMAX!!

タッチスクリーン対応

もうそのままです

説明不要

これ、タッチスクリーン対応なんです

別になくてもいいんですけど

あると結構便利です

『あータッチパッドでスクロールめんどくせぇ!』

ってなった時にスマホみたいに指でスクロールしちゃえばいいんです

ササっとね☆(イラっ)

タッチスクリーンのPCって使ったことなかったんですけど

なかなかいいですよコレは

感度も良好です!

スクロール時の遅延も少ないように感じます

2in1で時にはタブレットに!

液晶のヒンジが360度開くので、折りたたんでしまえばタブレットみたいに使う事ができます

僕には機会がありませんが

仕事相手に画面を見せる時なんかに役立ちそうですね

うん、なんかカッコいいし…できる男って感じがします

しかも、完全に折りたたむとキーボードが反応しないようになってるんです!

すごいじゃんBMAX!!

必要にして十分なポート数

一つ目の画像ですが

右からType-C/Type-B/Type-B/microSDスロットとなっていますね

二つ目の画像は

右から電源ボタン/音量ボタン/イヤホンジャックとなっています

画像をご覧の通り、USB Type-Aがありません

あるのは電源のTypeCとBが2個のみ!

SDカードスロットはあるものの、microSDを直挿し!

イヤホンジャックは有る(うれしい)

しかしご安心ください

BMAXはその辺も抜かりないんです

Type‐BをAに変換できるアダプタが同梱されています!

まぁ量販店で800円くらいで売ってるんですけど

それでもユーザーの事を考えてちゃんと同梱してあるなんて

すごいじゃんBMAX!

これでマウスのレシーバー等を挿して使う事ができます

かさばるようなものじゃないので、いつも持ち歩いていたって問題ないでしょう

BMAXの残念なところ

もしも購入を検討されているという方の為に

僕が実際に使ってみて残念だったところも紹介していきたいと思います!

購入に際して参考にしてください

打鍵(タイピング)しずらい!

これは個人差があると思いますが

まず、キーボードがサラサラしてるんで

結構滑ります!

バチバチ叩いて打ってるような感覚は期待しないでください

指をキーボードの上で滑らせるようしてタイピングすれば

結構打ちやすくなります

僕は慣れるのに結構時間が掛かりました

正直まだ完全には慣れていません

自宅では15インチくらいのLenovoのThinkPadを使っているのでそう感じるのかもしれませんが

普段から小さめのノートPCを使っている方にはそれほど抵抗はないかもしれません

明るい所だとキーボードが反射してキーの文字が見えない!

どういう事かと言うと

まぁこのBMAX、全体的にシルバーになっていてオシャレな外観になってるんです

だがそれが仇となったというか

キーボードの真上に照明があったりする場所では

キーの文字が見えなくなっちゃうんです

見えにくくなるとかじゃなく、見えなくなる

はい、完全に見えません

少なくとも僕には見えません(ほんとに)

生意気にもブラインドタッチってやつが出来るんですが

このサイズのキーボードの幅とか、配置に慣れるまでは

少し苦労するかもしれません

総評

打鍵のしにくいさ以外では不満はありません

ブラインドタッチが出来ると言っても、しっかりと教わったわけではなく

僕のタイピングは少し独特と言いますか

基本的には親指と人差し指と右の薬指しか使いません

キーボードの配列などを指に染み込ませないと速く打てないんですよね

なのでキーボードが変わるといつも慣れるまで苦労してしまいます

僕のタイピングが未熟かつ特殊なだけですから

問題ないという方には全く問題ないと思います

動画視聴や外での仕事用といった用途には最適かもしれません

高コスパなうえに、小さくて軽くてスタイリッシュ

それがBMAX!

そんな素敵な2in1モバイルノートの紹介でした!

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました