【おススメ】インナーイヤー型イヤホンAnker Soundcore Life Note 3Sー

Anker Soundcore Life Note 3S

Anker Soundcore Life Note 3S

 

 

今回ご紹介したいのはAnkerから発売されている

インナーイヤータイプのワイヤレスイヤホン

Soundcore Life Note 3Sです!

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B09S5MQHGT” title=”Anker Soundcore Life Note 3S(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.2)【完全ワイヤレスイヤホン/インナーイ…”]

はじめに言っておきたいのは

ついに人生最高のイヤホンに出会えたということです!

ちょっと大袈裟かもしれませんが

それには理由があるんです

目次

インナーイヤーであることの重要性

そもそも僕は

常日頃からインナーイヤー型のイヤホンを探しておりました

理由は他の記事でも書きましたが

僕は金属アレルギーなんです

しかしこれは金属に限った話ではありません

カナル型のイヤホンを使用すると

耳の中が荒れてきてしまって

痒いしジュグジュグするし

とにかく不快で清潔感もない感じになっちゃうんですよね…

昔は大丈夫だったのに

腕時計の時と同様にいつのまにか症状が発生するようになってしまったんです

イヤホンに関しても色々と試しました

とりあえず安いものから何個も購入して試してみたり

医療用として使われているウレタンで出来たイヤーピースを使ってみたり

しかしそのどれもが失敗に終わりました

ただし

今回紹介するSoundcore Life Note 3Sのように

インナーイヤー型と言われるイヤホンであれば

症状がでないことに気が付いたんです!

同じく耳の内部に接触する部分はあるのですが

シリコンやウレタンのような素材ではダメなのに

プラスチックならば大丈夫なんですよね…

汗で溶け出すことのない材質であることが大事なのではないでしょうか

これは耳に限らず、メガネや腕時計もそうです

普段メガネをかけているんですけど

それもプラスチックのフレーム以外は使う事ができません

その点から考えれば、もう少し早く気付くことができたかもしれませんが

最後まで可能性を諦めたくなかったのと

イヤホンはやはりカナル型の方が没入感があって音がいいと思ってたからです

しかしいくら没入感を味わえるからといって

身体に異常を来してまで使い続けることなどできません

仕方なく僕はインナーイヤー型のイヤホンを探すことにしました

その前にインナーイヤー型とカナル型との違いを少しお話したいと思います

カナル型とインナーイヤー型との違い

一般的にカナル型というのは

イヤーピースというのがついており

それが耳の穴の中にずっぽりと入ってしまうようなタイプのことです

こんな感じ↓

これをカナル型といいます

メリットは耳栓をしているような感覚なので

没入感が高いということ

頭の中に音が響いていると錯覚するほどです

装着した時のフィット感もよく、通勤中や運動をしながらでも

イヤホンが耳から外れにくいというのが特徴です

デメリットは周囲の音がほとんど聞こえなくなってしまうので

死角からなにか迫ってきた時などは気づきにくいという点です

 

続いてはカナル型ですが

この写真のように、イヤーピースがついておりません

カナル型ほどの没入感は得られませんがが

耳を完全に塞いてしまうことがない為

圧迫感がなく開放的です

このことから『オープン型』や『開放型』なんていう言い方もします

周囲の音などもカナル型に比べると耳に入ってきやすいので

危険な目にかう可能性が少し減ります(笑)

デメリットはフィット感に欠けるという点です

激しい運動をしていなくてもポロっと落ちてきてしまったり

インナーイヤー型のように、耳の大きさに合わせてイヤーピースで調整する

といったことができません

したがって、買ってみて自分の耳のサイズに合わなかったりする事があるということです

これって結構ギャンブルですよね(;^ω^)

せっかく買ったのにすぐに落ちてきてしまうんですから

電車のホームで落としてしまう事も多々ありましたし

満員電車の中で落としてしまうなんてこともありました

ですから僕は

多少音質が悪くても

装着してすぐに落っこちないインナーイヤー型のイヤホンを探し求めました

これまで購入したインナーイヤー型イヤホンの紹介

UMIDIGI AirBuds U

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B093G8JQS5″ title=”瞬間接続ワイヤレスイヤフォンBluetooth イヤホン自動ペアリング イヤフォン内蔵マイク 低遅延Type‐C急速充…”]

なかなか珍しいデザインのケースで

フタがついていません

ですが磁石でくっつくようになってるので

逆さまにしても落ちることはありません

特徴は安くて装着感がいいというところです

装着しても簡単に落ちることがないので

安心して使うことができます

形状はいわゆる『うどん型』というやつで

結構このうどんの部分が大きいので

つけた時に見た目を気にするという方にはおススメできないかもしれません

接続も途切れることなく、安いわりに音が割れたりする事もありません

安いイヤホン特有のシャリシャリした感じもないので

この値段でこの音質であれば十分だと思います

現在はパソコン用として使っています

【仕様】

  • ブルートゥース バージョン: Bluetooth 5.1
  • Bluetooth接続範囲: 10 メートル (障害物のないオープン スペース)
  • バッテリー寿命:Airbuds U 5時間ぐらい、充電ケース付き24ぐらい
  • 充電時間:2時間  充電ポート: USB タイプ C
  • サイズと重量:
  • イヤホン: 35.43*20.38*16.91mm、4.3g (シングルイヤホン)
  • 充電ボックス: 44.1*40.5*25mm、25.3g
  • 通話:ENC(環境ノイズキャンセリング技術)
  • ドライバー : 13mm ダイナミック
  • 周波数応答範囲:10Hz~10kHz

【評価】

音質 ★★☆☆☆

フィット感 ★★★★☆

価格 ★★★★★

 

SOUNDPEATS Air3

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B09B3D4NCT” title=”SOUNDPEATS Air3 ワイヤレスイヤホン 【ブランド史上最小サイズ】 aptX Adaptiveコーデック対応 / 5時間連…”]

かなり評価の高いイヤホンだったので購入しました

お値段のそれほど高くなかったというのも決め手でした

とにかく軽くて小さい!

手に取った時に笑ってしまうくらいでした(笑)

デザインもスッキリとしていてカッコいいですよね

色も白、黒、パープル、ピンクとバリエーションも豊富です

しかも音質はめちゃめちゃいいんですコレ

インナーイヤー型でこんなにいい音質のものに出会ったのは初めてでした

しかし…非常に残念なことに

フィット感が悪かったんですね

あくまで僕はということですが

このイヤホン、外装がサラサラしているせいか

耳にははまるんですけどスルッと落ちてきてしまうんですよね

結果的に耳に押し込むような感じになってしまって

そうすると耳も痛くなりますし

あまり奥まで押し込んでしまうと音も聞き取りにくくなってしまうんです

フィット感以外は完璧なだけに

僕的には非常に残念な結果となってしまったイヤホンでした

これが耳にフィットするという方にとっては

間違いなく最高のイヤホンだと思います!

【仕様】

  • ブルートゥース バージョン: Bluetooth 5.2
  • 再生時間:約5時間 (イヤホン) ; 総計17.5時間 (充電ケース併用)
  • イヤホン: 17.3 x 17.7 x 33.9 mm (イヤホン)
  • 充電ボックス: 61 x 38.9 x 34.7 mm
  • 通話:アクティブノイズキャンセリング(ANC)
  • ドライバー : 14.2mm ダイナミック

【評価】

音質 ★★★★★

フィット感 ★☆☆☆☆

価格 ★★★☆☆

 

Anker Soundcore Life Note 3S

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B09S5MQHGT” title=”Anker Soundcore Life Note 3S(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.2)【完全ワイヤレスイヤホン/インナーイ…”]

最終的に行き着いたのがこの

Anker Soundcore Life Note 3S です

なんといってもフィット感が素晴らしいんです!

UMIDIGIのイヤホンもフィット感はよかったんですが

こちらもかなりのフィット感です

しかも音もいいんです

UMIDIGIよりは良いんですが、SOUNDPEATSほどではないと言ったところでしょうか

しかしUMIDIGIより良い時点で僕にとっては合格点です

お値段は7,000円近くしますが

それでも安い部類に入るんじゃないでしょうか?

1万円以内で買えるイヤホンでこの性能を考えると

かなりお買い得だと思います

【仕様】

  • 再生可能時間:最大5時間(イヤホン本体のみ) / 最大35時間(充電ケース使用時)
  • 充電端子:USB Type-C
  • 充電時間:約1.5時間(イヤホン) / 約3時間(充電ケース)
  • 重さ:約59g(充電ケース含む) / 約4.3g(イヤホン本体 片耳)
  • 防水規格:IPX4
  • 通信方式:Bluetooth 5.2
  • Bluetoothプロファイル:A2DP, AVRCP, HFP
  • 対応コーデック:SBC / AAC

 

【評価】

音質 ★★★★☆

フィット感 ★★★★★

価格 ★★★★☆

 

まとめ

実際に購入した商品がこの3点だけでしたので

参考になるかはわかりませんが

Soundcore Life Note 3S

は間違いなくおススメできるインナーイヤー型イヤホンです!

僕のようにアレルギーで悩んでいる人や

購入を検討している方にとって

少しでもお役にたてたらいいなと思っています!

イヤホンって結構使用頻度が多いですし

ストレスなく長く使えるものを選びたいですよね

それではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

34歳/既婚/子持ち/夢はマイホーム。右も左も分らぬままブログを始めてみました。好きなことを自由に発信できる自分だけのメディアがあるっていうのは、それだけで楽しいです。なにか少しでも役立つ情報を持って帰ってもらえるよう日々Wordpressと格闘しています。え?役に立たない情報も沢山書いてあるって?はい…書いてあります…。

コメント

コメントする

目次